頭皮の匂い 原因と改善方法は?

シャンプー

こんにちは!

匿名美容師のPちゃんです

 

頭皮の匂いにお困りの方必見!!

どうしたら頭皮の匂いが改善されるか?

 

今回は

  • 頭皮の匂いの原因が知りたい
  • 頭皮の匂いの改善方法
  • 皮脂、フケに困ってる

という方には知っておいた方がいい内容ですので

是非最後までご覧下さい!

 

どんな人が書いてるか

  • 10年以上4店舗の経験を持ち店長職
  • お店や名前を公表しない匿名美容師なのでポジショントークをしない

 

それではいきましょう

 

なぜ頭皮から嫌な匂いが?

普段美容室で勤務してると思うのは

女性の方は頭皮の匂いを気にされてる方が結構多いです。

 

そもそも何で頭皮が臭う方と匂いが気にならない方がいるかと言いますと

 

頭皮にいる雑菌のせいなってます!

 

基本的にシャンプーやトニックの会社とかの情報ですと余分な皮脂やフケなどを好む雑菌が増えすぎてしまう

という訳です。

 

確かに皮脂が過剰に分泌されて頭皮がベトついてたりする方でしたら、それが原因にもなりますが

 

前にも記事にしましたが、日本人は綺麗好きなので毎日シャンプーします。

脂症の方や思春期の男の子でない限りは、通常あまり過剰な皮脂分泌にはなりづらいです!

 

では何故、雑菌のエサになる過剰な皮脂分泌やフケが出やすくなるかになりますが

まずは皮脂の正しい役割を知る事が必要です!

 

そもそも皮脂とは?

 

物理的、化学的に皮膚や毛髪を保護、保湿する役割を果たしている。また、これに含まれる脂肪が皮膚の常在菌により分解されることで生じる脂肪酸によって皮膚の表面は弱酸性となり、これが病原菌などを排除する機能も持つ。

Wikipedia参照

 

シャンプーなどの広告とかの影響もあり皮脂のイメージというのがあまり良くないもの、もしくは頭皮に悪いものみたいなイメージが出来てますが皮脂は

頭皮と髪を保護してくれるものになります。

 

しかし過剰に分泌したり、頭皮環境の悪化などにより常在菌の善玉菌と悪玉菌(雑菌)のバランスが崩れてしまいます。

 

皮脂を取りすぎてしまうと?

 

シャンプーなどで過剰に洗浄成分が強いものを使うと、頭皮の角質層が薄くなりバリア機能が弱まってしまいます。

それを補う為に皮脂の分泌を増やしますが、強い洗浄成分のシャンプーを使い続けてると更に頭皮の状態が悪くなり、守る為にも皮脂の分泌を増やしてきます

それにより頭皮環境が悪くなっていってしまいます。

 

過剰な洗浄成分とは?

 

【保存版】シャンプーの避けるべき表示成分とは? 美容師が解説
毎日使うシャンプーですが何を基準に選んでますか?裏の表示成分を見分けないと髪や頭皮にダメージさせてしまいます。匿名で現役美容師が避けるべき表示成分と髪と頭皮の栄養成分を分かりやすく2つに分けて説明します。是非シャンプーを選ぶ時の参考にして下さい

 

以前に記事にしましたがその中から

避けた方がいい成分になります

  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • スルホン酸ナトリウム
  • スルホコハク酸ラウレスナトリウム
  • パレス-3硫酸ナトリウム
  • テトラデセンスルホン酸ナトリウム(名前が違うだけで同じ成分↓)
  • α-オレフィンスルホン酸塩(AOS)

 

頭皮の嫌な匂いを防ぐには?

頭皮環境以外にも原因はあります

 

脂っこい食事

汗などをあまりかかないと老廃物が溜まる

も原因になりますが先程お伝えしたシャンプーの成分が
1番大切になります
是非、先ほど載せた避けるべき表示成分を参考にシャンプーを選んでみて下さい!

最後に

今回は頭皮の匂いについてでしたが、頭皮用のコロンみたいなのもあります!
しかし根本的に解決しないと、一時的にコロンで誤魔化しても意味が無いです。
何故なら先ほどお伝えした頭皮環境の悪化により雑菌が繁殖してるからです
一応、僕のブログにもシャンプーについても結構書いてますので
そちらも是非!




シャンプー 頭皮ケア
Pちゃん

匿名の美容師です!

10年以上と4店舗を経験、現在は店長職になります。
匿名だからこそ書ける内容のブログをやってます
(主に髪質改善、頭皮ケア、シャンプー、ヘアカラーなど)

美容師だからこそ知り得る情報、商品や薬剤の比較など
本当に良いものから、逆にオススメ出来ないものまで
美容師のポジションではお客さんには、言いたくないような事も発信してきます。

Twitterもやってますのでフォローしてくれると嬉しいです!

Pちゃんをフォローする
Pちゃんをフォローする
美容師Pちゃんのお役立ちブログ
タイトルとURLをコピーしました