「頭皮の老化」はシャンプーできまる! 危険な界面活性剤を美容師が解説

頭皮 髪質改善 シャンプー 頭皮ケア

こんにちは!

匿名美容師のPちゃんです!

今回は「頭皮の老化」と「シャンプー」についてお話ししてきます!


そもそも髪の毛の悩みの大体は

「頭皮の老化」が原因と言っても過言ではないです!

・加齢による白髪

・脱毛

・薄毛

・髪質の変化によるくせ毛

などと様々な弊害が出てしまうのです!


実は人間の髪のサイクルが正常に機能すれば、120歳まではハゲないそうです!



何が原因か

・食生活

・運動不足

・ストレス

・頭皮ケア

この4つが大きな原因だと考えられています!


そしてその中でも1番簡単に改善できるのが頭皮ケアです

特に重視してるのが

「ヘアカラー」と「シャンプー」

になります

特に「シャンプー」は毎日するものなので


良くないものを使ってると

毎日「頭皮を老化」させているようなものです!



頭皮を老化させる「界面活性剤」とは?


まず油性の汚れを落とすには「界面活性剤」という成分が必要です

主に「洗濯洗剤」「食器用洗剤」「ハンドソープ」「洗顔」「シャンプー」など

汚れを落とす(洗うもの)には配合されてるのですが

それ以外にも

界面活性剤にも、色々種類があります!


原因は「石油由来の界面活性剤」


まず大きく界面活性剤を分けると

・天然由来界面活性剤

石けん系、アミノ酸系、脂肪酸エステル系


・石油由来界面活性剤

石油系

高級アルコール系(天然系でも生成時に石油系と同じ構造の物質になります)


この石油由来界面活性剤も色々な成分がありますが

基本石油由来の界面活性剤は全てオススメしません!

何故かというとこの動画を見ていただければわかります↓


石けんと合成洗剤によるカイワレの生長実験《石けんと合成洗剤の違い》

界面活性剤の種類によっては

タンパク質を分解(破壊)してしまいます!

皮膚(頭皮)、髪、毛根内の各細胞、皮膚に存在する常在菌


これらを傷つけてしまうと様々な弊害が出ます!

フケ、痒みや、頭皮の乾燥、髪のダメージ、脱毛、白髪、頭皮の匂いの原因にもなります!


頭皮環境と共に地球環境を良くしよう


シャンプーを良くしてあげれば(石油系、高級アルコール系をやめれば)

生分解性も良くなり

地球環境と頭皮環境がダブルで良くなります


生分解性の悪い界面活性剤は環境にも悪く自然界の生態系を脅かします!

まずそんなシャンプーを使ってたら自分の体にも良くありません!



まとめ


石油系や高級アルコール系の界面活性剤は生産コストが安価なので

市販のものは殆どそれです!

しかしいくら安くても「環境に悪いもの」で自分の頭を毎日洗ってる

気付かないうちに、本来もっと良かったであろう髪質が少しずつ悪くなっていく事になってしまいます!


このブログを見て少しでもシャンプーや頭皮環境について気になった方、どのシャンプーが良いのか分からない方

こちらも是非見てほしいです↓



最後に


現在、世の中に存在する合成界面活性剤は数千種にも上ると言われています。

そのため、界面活性剤は原料、製法などにより効果や人体、環境への影響はさまざまです。

私達の生活に欠かせない界面活性剤は、正しい知識を持って選択をすることが大切になります。


ヘアカラーされてる方はこちらも是非↓



ヘアカラーに含まれる過酸化水素が白髪の原因に!


最後まで読んで頂き

ありがとうございました!

終わりです!



ありがとうございました!




頭皮ケア 髪質改善
Pちゃん

匿名の美容師です!

10年以上と4店舗を経験、現在は店長職になります。
匿名だからこそ書ける内容のブログをやってます
(主に髪質改善、頭皮ケア、シャンプー、ヘアカラーなど)

美容師だからこそ知り得る情報、商品や薬剤の比較など
本当に良いものから、逆にオススメ出来ないものまで
美容師のポジションではお客さんには、言いたくないような事も発信してきます。

Twitterもやってますのでフォローしてくれると嬉しいです!

Pちゃんをフォローする
Pちゃんをフォローする
美容師Pちゃんのお役立ちブログ
タイトルとURLをコピーしました