ヘアカラーされてる方必見!そのカラー白髪の原因になってます!

白髪抑制カラー 注目のもの

初めまして!Pちゃんです!

匿名の現役美容師になります

ヘアカラーをされてる方にどうしても伝えておきたい事があります!


それはもしかしたら

あなたがしてるヘアカラーが白髪の原因になってるかもしれないという事です!



そもそもヘアカラーをされてる方は

オシャレや身だしなみなど

自分を綺麗にする為にするポジティブな行為です


しかしそのヘアカラーが原因で

白髪が増えてしまうネガティブというか

出来れば増えてほしくないものが

増えてしまう残念な事になってしまいます。


ファッションカラーや白髪染めがをする事により白髪を増やしてしまう

衝撃の事実です!


白髪を増やすカラー剤の種類

カラー剤によっても白髪の増える原因になってるのは

主にヘアカラーといわれる

1剤と2剤を混ぜるタイプになります

カラー剤の代名詞で

髪の毛を明るくしたり

色をしっかり入れたりするタイプになります


それ以外の

・マニキュア(塩基性カラーなども)

・ヘナ

は白髪の原因にならないですが

黒髪は染まらなくて

白髪にしか色が入らないとか

すぐ落ちてしまうなど


マニキュアもヘナもヘアカラーとは少しジャンルが違います


そして重要なのは


白髪の原因「フリーラジカル」について

ヘアカラーの1液と2液を混ぜ合わせた時に

化学反応によって活性酸素(フリーラジカル)が発生します。


そのフリーラジカルは

毛根の中にある黒髪を作る細胞であるメラノサイトを

破壊してしまうことが実証されています。

その結果、白髪が増え

更にフリーラジカルは

毛根そのものも老化させるので

ヘアサイクルのバランスが崩れ

髪が成長しなくなり

軟毛化や抜け毛の原因に繋がります!



だからと言っても根元や白髪が気になるから染めない訳にも、、

という方の為にヘアカラーでフリーラジカルさせない方法です!


ヘアカラーはしたいけどどうすれば?

もちろん「ヘナ」や「マニキュア」系の1剤2剤でない

タイプのカラーでしたら大丈夫ですが

ヘアカラーをしたい方も多いと思います

ヘアカラーをするのであれば以下の方法になります!


1.地肌にカラー剤が付かないように塗る

2.ヘアカラーの2剤に石油系の界面活性剤が入ってない物を使う


現状はこの2つの方法しかありません!

美容室によっては活性酸素を除去する処理剤をヘアカラー後に使う方法でしてるとこもありますが、結局それでは頭皮のメラノサイトはダメージしてしまいます!


ヘアカラーを地肌に付かないように塗る

これは美容室では大体、別料金(+1000円位)でしてくれます

無料でしてくれるとこは、かなり良心的です

ホームカラーで自分でする事も可能ですが

ギリギリから塗るのは技術がいるので

上手く染められないか、地肌についてしまうなど

なかなか難しいです!


ヘアカラーの2剤に石油系の界面活性剤が入ってない物を使う

これに関しては根元に付けても大丈夫ですが

使ってる美容室がかなり少ないです

「白髪抑制カラー」などで検索して

近くにあればラッキーです!

ちなみに「オキシロン」という2剤が

フリーラジカルをさせないヘアカラー

決め手になります。

前のブログに「オキシロン」について書いてます↓



一応美容師以外は買えないみたいですが

楽天では買えるので載せておきます!


アースウォークリパブリック オキシロン6%パウチ 2L サロン専売品 美容師 美容室業務用品


↑2リットル2400円と大容量です

ホームカラーする場合は

この2剤を使う事をオススメします!


出来れば1剤もネットとかで美容専売品を買うのをオススメします!

下のサイトでヘアカラーの1剤は手に入ります

「オキシロン」はどのヘアカラーの1剤とも合うそうです。


美容師じゃなくても美容専売品を買えるサイトです↓


4500商品以上を種類豊富に取り揃えてます

僕ら美容師の仕入れ値と変わりません


最後に

1番は美容室で「白髪抑制カラー」もしくは

「根元に付かないように塗ってもらう」です


どうしても「根元から塗りたい方」や「ホームカラー」になってしまう方で

白髪を増やしたくない方は「オキシロン」をオススメします


最後まで見ていただき

ありがとうございました!

終わりです




注目のもの 髪質改善
Pちゃん

匿名の美容師です!

10年以上と4店舗を経験、現在は店長職になります。
匿名だからこそ書ける内容のブログをやってます
(主に髪質改善、頭皮ケア、シャンプー、ヘアカラーなど)

美容師だからこそ知り得る情報、商品や薬剤の比較など
本当に良いものから、逆にオススメ出来ないものまで
美容師のポジションではお客さんには、言いたくないような事も発信してきます。

Twitterもやってますのでフォローしてくれると嬉しいです!

Pちゃんをフォローする
Pちゃんをフォローする
美容師Pちゃんのお役立ちブログ
タイトルとURLをコピーしました