市販のカラーと美容室のカラーの違い

髪質改善

はじめまして!PJです

Pちゃんって呼ばれてます

美容師をしてます

 

今回はホームカラーと美容室のカラーの違いについて書きます

違いといいますと

 

  • 純粋にカラー剤の値段と質の違い
  • 技術料を払う分、仕上がりの違い
  • 法律上、薬剤の揮発性成分の違い

などがあげられます

 

市販と美容室の値段の違い

では市販のヘアカラー剤と美容室のヘアカラー剤って値段と品質ってそんなに違うのかというと

  • 市販ヘアカラー剤値段 
  • 500〜1200円位
  • 美容室ヘアカラー剤値段 
  • 150〜1000円位

 

「150円??」って感じですよね!

実際に普通のサロンでは400円〜1000円位のカラー剤が多いです

 

しかし僕の知り合いで某有名チェーン店で働いてる方がいて、そこではとにかく仕入れ値を安くする為に品質を落としたカラー剤を特注して、それを大量仕入れをしてたそうです

そしてカラーチケットで5回券が1万円とかでしてたそうです

1回のヘアカラーが2000円でできるのを考えたら安いですが市販とどっちが良いのか疑問です

ヘアカラーが平均価格より明らかに安いお店はその確率が高いので、市販より美容室のカラーをと思ってる方は正直やめた方が良いレベルです

 

技術料と仕上がりの関係

一方値段が高いヘアカラー剤を使ってる店はなぜ技術料がそんなに高いのか?

疑問に思いますが

ダメージが少ないように弱めに出来てるので染まるまで時間もかかります

他にも塗り方、処理剤などダメージしないような工夫をお店によってしていると思います

 

美容師側もお客さんに「カラー剤の原価の割に技術料高いなぁ」って思われるのも嫌だし

いちいち説明するのも面倒くさいから曖昧にしてると方が多数だと思いますが

どうしても良いカラー剤使うと、その美容師の拘束時間が長くなってしまうのも原因ですね

僕個人の意見ですが

カラーが安い店行くなら市販とあまり変わりないかなと

平均価格くらいの美容室でカラーするのが髪にも頭皮にも良いのかなと思います

 

揮発成分など法律上の問題

市販は家とかでカラーするので

揮発成分の関係で入れていい成分とダメな成分があります!

市販は法律上、揮発成分を入れられないので

カラー後、数日間は髪や頭皮に残留して

ダメージやアレルギーの原因にもなってしまいます!

 

最後に

ホームカラーと美容室の違いをザッと書いてみましたが

どうでしょうか?

最近ではホームカラーだけでなく縮毛矯正もセルフでする方も多いそうです!

こちらの記事に書いてますので是非↓

【急増】セルフ縮毛矯正の危険性を美容師が解説
こんにちは! 匿名美容師のPちゃんです! 実は先日とある美容師情報サイトで、セルフ縮毛矯正とかセルフ酸熱トリートメントを する方が急増してるという記事を見つけました! なので今回は ...

 

終わりです!

ありがとうございました!

【追記】

2020年9月17日更新




髪質改善
Pちゃん

匿名の美容師です!

10年以上と4店舗を経験、現在は店長職になります。
匿名だからこそ書ける内容のブログをやってます
(主に髪質改善、頭皮ケア、シャンプー、ヘアカラーなど)

美容師だからこそ知り得る情報、商品や薬剤の比較など
本当に良いものから、逆にオススメ出来ないものまで
美容師のポジションではお客さんには、言いたくないような事も発信してきます。

Twitterもやってますのでフォローしてくれると嬉しいです!

Pちゃんをフォローする
Pちゃんをフォローする
美容師Pちゃんのお役立ちブログ
タイトルとURLをコピーしました